BLOG

「間取り再考」泉佐野市S邸②

2021.07.04
泉佐野市Sさんからご依頼を頂いた間取り相談。
要望と条件がまとまってきたので、いよいよ実際に間取りを考えていきます。


まず建物の輪郭を決めていきます。駐車場は普通車1台+軽自動車1台が停まります。
条例で敷地境界線から建物を1m離す必要があるので、建物を建てられるのはおおよそ青色の範囲になります。
大きなリビングは最低でも3m×8m以上は欲しいとのこと。縦長だとおさまらないので、横長になりそうです。


以前の間取りは庭が狭かったので、今回は南側に5m×5m以上の庭を取ることにします。
ケーキ教室にも使う大きなキッチンは、以前の間取りと同じ大きさ(2.7m×5.4m)が必要とのこと。西側には玄関も必要なので、東側にキッチンを置くのが良さそうです。
奇しくもSさんが一度は諦めた中庭型のプランに近づいてきました。
そして一番大切にしたいリビング、キッチン、玄関の3か所すべてから、中庭が見えるようになりました。



階段は玄関を入って右手、リビングの反対側に置きます。これで来客時に家族が帰ってきても、リビングを通らずに2階の寝室に行くことができます。



同時に2階の間取りも考えていきます。
洗面や浴室は、1階からの使い勝手も考えてなるべく階段近くに配置します。
吹抜けはつくらないかわりに、1階の天井高さを3.3m程度とするため、階段はすこし長めに計画します。
残ったところに、寝室を3つ並べます。全ての寝室にしっかり窓が取れそうです。


これが完成した1階の間取りです。

しっかりした広さの中庭に、バーベキューができるテラスをつけました。
リビングやキッチンは、中庭だけでなく外の庭にも面しています。
まさに緑に囲まれた雰囲気の住まいで、風通しも良さそうです。
焼き菓子なども販売したいとのことなので、玄関にテイクアウトカウンターをつけました。


2階の間取りです。
各寝室のあいだにはクローゼットを挟み、遮音にも配慮しています。
浴室の隣には、壁に囲まれたルーフバルコニーをつくりました。物干しに使えるだけでなく、周りの目を気にせず浴室に大きな窓が開けられます。

必要な部屋の大きさ・使い勝手は守りながら、寝室や廊下などの余分なスペースを削ったことで
20㎡ほど床面積を縮小できました。工事費にして300~400万円の節約になるはずです。

プランをコの字型にして外壁が増えたこと、1階の天井を高くしたことはコスト増になりますが、
十分に吸収できる範囲だと思われます。

完成した間取り図をSさんにお送りしたところ、とても気に入っていただけたようでした。
今後の工務店との打ち合わせ、そして家づくりがうまく行くことを願います。

ちなみに今回のご相談は、全てオンラインで行いました。
zoomやLINE、もちろん直接の打ち合わせも対応可能です。HPからお気軽にご相談ください。